broche@münchen

*南ドイツはバイエルン州都ミュンヘンより*カフェ*レストラン*美味しいもの*子育て*旅*暮らし便り

おうちで週末プチ同窓会&焼きシェーブルサラダ作り方付き

先週末の友人訪問記録です
何度も訪れてくれていますが…
またまたほぼ家でごはん!

毎回恒例ですよ〜〜

…って昨日も書きましたが
5年の駐在を終えこの4月に帰任で
もうベルギーから
実家に帰って来たよー!と
ごはん食べにミュンヘンに来てくれるのは
これが最後でした

そ…それなのに
もはやお約束かのような手抜きごはん
毎度特別感もない
うちごはんを食べてくれて
ほんとありがとう

金曜日もLily習い事が夕方まで
安定の手抜き大量生産ごはん!

飴色玉葱たっぷりの
挽肉スパイスカレーとサフランライス
ルッコラと林檎とGold Rübchen
(金の蕪という蕪…金運アップしそう)
のサラダ

ごはんがシンプルすぎるから
ミモザカラーコーディネートでごまかす

キーマカレーはいくつかの作り方するけど
今回は王道にきちんとインドスパイスカレー

そうそうbroche家もう18年くらい?
カレールーを使ったカレーは作りません
いつもいつもスパイスでさらっとカレー

もしくは最近Sallyの手前作れないけど
ココナツベースのタイカレーなど

ちらっとLilyに
あの…日本の…どろっとしたの
食べてみたいなぁ〜〜と
こないだ言われて

え!知ってるんだ!日本のカレー!

いやごくたまにカレールーを
バターと小麦粉から作って
欧風カレーもするけどそれではなく

いわゆる固形でできる
あのカレーを指しているらしい

ふーむ…気が向いたらいつか作ります笑
インドカリー最高!
(嫌なママだね〜〜笑)

ほんとはバターチキンや
(Lilyは煮込んだ鶏肉キライ)
さらっさらの辛〜〜いチキンカレーや
マトンやザグやダルカレーしたいのだけど
なにせまだまだ
キーマカレーが1番人気な我が家です

あー銀座ナイルレストランの
ムルギーランチ食べたいなぁ…

そういえばミュンヘン
インドカリー屋たっくさんありまして
美味しいと評判のところは
ほぼ制覇したつもりなのですが
たしかに悪くはないけど
どこもどろっとした全然辛くない
あの小さい器に入ったカレーばかり
(銀座グルガオン的な)

やはり寒いから?
やはり言ったってドイツだから?

夏に向けてbroche好みのカレー旅は
まだまだ開拓せねばならなさそうです…

あぁムルギーランチや
上野デリーや柏ボンベイ
カシミールカレーみたいな!
さらっさらの辛いカレーが食べたい

見つからなければいつか再現すべく
研究せねばですね…

あ!食いしん坊な話が長くなりました

土曜日は前記事の通り
朝からバタバタでした

しかも街中はデモがあり(知らなかった〜)
もうすんごい武装した警察で
厳重警戒並みの警備体制
思わずなんかあったの?
規制あんの?
って何回もごっつい武装警察の
お兄さんに聞いちゃった

みんなすごいガン持ってるのに
談笑してるからね…

なるほどデモのための警備でしたか

土曜も疲労するとわかっていたから
この日はすき焼き!って決めていました
例の薄切り牛肉をマルクトで調達して。。

さて大阪がルーツのbroche家の
すき焼きはもちろん関西風

手軽で美味しく家族団らんにぴったりの
すき焼きはbrocheが小さい頃
日曜日の定番夕飯(ママン家事休みのため手抜き)

北の国出身の父は初めて
ママンの作る関西風すき焼きを見て驚愕!
でも一口食べたら病みつきになり…
毎週末のようにすき焼き

関西風は関東風のように
割り下を入れて鍋のように煮て食べるのではなく

すき焼き鍋をまずよーく温めて
(すき焼き鍋どこ行ったかな〜たぶん地下室)

牛脂を塗りそしてお肉をジュジュジュっと焼いて
そこへドババババーーーっと上白糖を

ここで父はギョっとしたわけです

で…そこへお醤油をジャっと回しかけ

すると…もう牛肉と甘辛の美味し〜〜〜い香り

鍋の片側に香ばしく焼けたお肉を寄せて
そこに白菜・ネギ・椎茸・焼き豆腐・白滝と
日本酒を入れ
美味しいお肉のエキスでグツグツっと煮込み
最後に菊菜(春菊)をわさっと

いやもうたまらない
水は野菜から出る水分だけ!

生粋の江戸っ子な友人は
もちろんこの関西風すき焼きはお初だった!

ここじゃ安全のため生卵で食べられないし
わたしも大して上手じゃないから
ちょっと残念だけど
いつか日本でママンの美味しい
関西風すき焼き食べさせてあげたいな〜

そして日曜恒例brocheサンデーブランチ

実はさらにこの日ロンドンから
同じく中高時代の友人も合流

ロンドンから日本へ一時帰国便を
ミュンヘン乗り換えにして
また顔を見に来てくれました

そして2人の好みも聞かずに
勝手にメインは
わたしが大好きな
焼きシェーブルのサラダ

このサラダ
フランスのカフェではもちろん定番メニュー
ドイツでもどこのカフェやレストランでも
よく見るやはり定番メニュー

ですが…おフランスのはもう少し控えめな盛り
大体2ポーションくらいに分けたシェーブルを
お上品な薄切りバゲットに乗せたりしてサラダの上に

こちらドイツいやミュンヘン?で
今までわたしが食べたことあるものは

お皿めいいっぱいのサラダの中央に
どどーん!と大きくカットした丸いシェーブルが
大胆に乗せられたもので
全く1人前じゃないものを
綺麗なカフェガールたちがぺろり!と
食べちゃうのよね〜〜

しかも香ばしく焼いたナッツベースの
ドレッシングやお店それぞれに工夫があり
いろんなカフェで試したくなるほど興味深い

でもさすがに大食いのbrocheも
これを1人前カフェで食べるはさすがに辛いので
家で作りたいな〜と
先週から思い続け
ちょこちょこ材料を揃えておりました

Gerryが旅立つ前に
なにかのついでにクルミを頼んだのですが
なんでか量り売りの殻付きクルミ!!!

なんか悪いことしたかな…

えぇ素敵なくるみ割りアイテムなんて
持っていませんので
キッチンバサミの柄についている殻割りで
地道に割りましたよ…

レシピはドイツ語のサイトから参考に
勝手にアレンジして作ってみました

それでは簡単に作り方を

お好きなサラダ菜(今回はベビーほうれん草)
紫玉ねぎやパプリカなどの野菜をお皿に

シェーブルは
ドイツ語ではZiegenkäse
いろいろな形や種類のものがありますが
Ziegenkäserollといって筒状の丸いものを使います

写真を撮っていませんが
今回REWEでフランス産の筒状のZiegenkäseが
すでにちょうどよい大きさにカットされ
パックになっているものを使いましたが
焼いてしまうのでこれくらいのレベルで上等!

オーブンの上火グリルモードで
レシピには2〜3分とありましたが
焼き色を見て美味しそうな焼き目がつくまで

焼けたらパレットナイフなどで
そーっとサラダの上へ

殻から割ったクルミ(皆さんは剥きクルミを)
お好みでかぼちゃの種やひまわりの種
を160℃のオーブンで15〜20分ロースト
しておいたもの

ザクロも散らして

Ziegenkäseがしょっぱめなので
ドレッシングはやっぱり甘めが合います

バルサミコ酢・塩・コショウ・蜂蜜・EXヴァージン
でドレッシングを

すごく簡単ですが
見た目はいわゆるインスタ映え!笑
いや〜豪快なZiegenkäseとお野菜の
コントラストがなんともフォトジェニック!

…って友人と盛り上がる

しかもなんと友人はシェーブル苦手…
なのにこれは美味しい!食べやすい!と
食べてくれましたよ〜

シェーブルはクセがあるものもありますが
その種類は豊富でお味やクセも様々

これから春夏にかけて
美味しいシェーブルがシーズンを迎えます

山羊の脂肪球は牛の脂肪球より小さく
消化も良くさっぱりとしているため
それが夏のフロマージュと呼ばれる由縁

キリリっと冷えた白ワインと
コクがありさっぱりとしたシェーブルそのものを
味わうのが一番好きですが

こんなカフェスタイルの
焼きシェーブルサラダもいかが?

ちょっと苦手な方にもきっと
抵抗なくいただけると思います♡

最後は午後のお茶会で〆!

といっても手一杯な平日だった為
なんにも用意もしていない上に
気の利いたフルーツも探せず…
華やかなタルトも作れず…

家にあった林檎と
以前タルト生地を
すでにタルトレットリングに敷き込み
冷凍してあったもので

即席「ノルマンディー風タルトレット」を

余ったアパレイユも
耐熱皿にそのままキャラメリゼ林檎と
焼いちゃえ!

昔2人にお菓子レッスンしたよね〜
なんて話しながら…

ヨーロッパの林檎は酸味が
キリッとしてお菓子向きで
日本で作るより美味しくて大好き!

まーそれでも寂しいこと

そんな中彩るのはみんなからのお土産!
今回も美味しいものをたくさんいただいちゃった

ベルギーからは大好きなDelReYの
ショコラとクッキー詰め合わせ
これがもうほんとに美味しい

ロンドンからはWhittardのショートブレッド
どうしてこんなに可愛いのよ
もうロンドンのリバティ柄といい
色合いといいニクいくらい可愛い

いいなロンドン

やっぱり友人がロンドン勤務のうちに
絶対遊びに行かねば

(と言いつつベルギーは行けなかったー)

そして2人とも
本当によくわたしのツボをご存知で!笑

最後はしんみり
お疲れ様会かお別れ会に…

思っていたのに…

結局同級生3人も揃うと超フツーにおしゃべり!

1人はベルギーに戻り来月本帰国
1人はこのまま日本へ一時帰国
みんなすごいスケジュール合間に
会いにきてくれて
ほんと泣ける

深く考えちゃうと泣いちゃうから
そのまままた来てね〜〜!って
玄関で見送った私でした

10代からの女友達って最高だね
いくつになってもどこに行っても
いつでも時がそのままそっくり当時のまま

さらっとして
気のおけない友人

この歳になって
そんな友人が子供達にも将来
できますように!って
願うようになってきちゃいました

本日もブログ訪問ありがとうございます
もう2回に分けろ!ってくらい長くなっちゃったわ〜
そのまんまおしゃべりするように書き連ねてます…
ドイツ&ミュンヘン情報ランキング参加も
応援してね♡

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
にほんブログ村